オフィスづくり

経営者や使う人の目的、関係性を捉える5つの視点

これからのオフィスはハードウェアの改善だけでなく、「安全性」「快適性」「利便性」「持続性」「有効性」といった総合的な視点での最適化が求められます。
言葉をかえれば、多様な目的と視点から、オフィスの方向性を見極めていくという、オフィスに「普遍性」という新しいテーマを求めることでもあります。

経営者や使う人の目的、関係性を捉える5つの視点

5つの視点をレーダーチャートでとらえることが大切

オフィス・ユースウェア・マネジメントによるオフィスづくりをまとめた書籍「いい会社はオフィスが違う」がNTT出版より発行されました。
詳しくはこちらをご覧ください

▲トップへ戻る