コンサルティング事業

自治体窓口改善(現状調査)

エフエム・ソリューションでは、オフィスづくりで培ったノウハウを基に庁舎づくりのコンサルティングを行っています。庁舎づくりを考えるにあたって、重要なことは『来庁舎の目線に立って考える』ことです。 FMSでは職員の皆様だけでなく、市民に対しても調査を行い、何を課題と捉え、どこを改善するべきと考えているかを把握します。この調査結果に基づき、優先的に解決すべき課題を明らかにします。
また、庁舎竣工後にも再度市民・職員双方へ調査を行い、事前の調査と比較検証を行うことで、更なる改善の”種”を見出すことができます。これが、PDCAによる継続的な改善活動へとつながり、空間品質が継続的に維持向上されることを目指します。

来庁舎動線調査(サンプル)

▲トップへ戻る