TOPICS

書籍【いい会社はオフィスが違う】出版のご案内

2012年03月28日

株式会社 岡村製作所の関連会社、エフエム・ソリューションが執筆した書籍『いい会社はオフィスが違う』がNTT出版株式会社より出版されました。
今日、オフィスの問題は、経営に対し大きなインパクトを持つようになってきました。ところが、経営者・オフィス管理者の目線でのオフィスづくりは進んでいますが、ワーカーにとって真に使いやすい(働きやすい)オフィスにはなっていないのではないでしょうか。
本書の論拠となっているのは、エフエム・ソリューションが過去十年間に亘って蓄積した「オフィスワーカー3万人のオフィス満足度調査データ」の存在です。オフィスワーカーが感じる不満を定量的かつ過不足無く網羅し、同一視点による継続的な調査結果を公表することにしました。2002年以降、オフィスの現状を捉えた公的データは発表されていません。従いまして、ここにあるのは、オフィス環境とオフィスワーカーとの関係性を示した「日本のオフィスの姿」と言えましょう。
この事実から私たちが到達したのがこれまでのオフィスづくりの視点に欠けていたものが何かと言うことでした。ワーカーや経営者・オフィス管理者のニーズを実現するには、単に現状の課題を探るだけでは十分ではありません。
本書は、オフィスを必要とする人に「便利で有益、そして多様性に富んだ使い方を提供するオフィスユースウェア・マネジメント」という全く新しい概念で、次世代ワークプレイスづくりをご提案しています。
これからオフィスを作るにあたり、あるいは、現状のオフィスのあるべき姿・ありたい姿を描く際には欠かせない、必携のガイドブックとしてご活用いただけると思います。

- 本書の内容 -

いい会社はオフィスが違う

本書は二部構成になっています。前半は、「オフィスづくりの歴史的な変遷」、「社会環境の変化から今後のオフィスづくりのキーワード」について考察しています。そして、その歴史的な背景と社会環境の変化を踏まえた上で、これからのオフィスマネジメントの基本的な考え方、エフエム・ソリューションが提唱する「オフィスユースウェア・マネジメント」の概念・定義について紹介しています。
後半は、第一部での基本的な考え方を基に「オフィスづくりのあり方を導く要素」や「経営者やワーカーの要求を具体化する技法」、「使い方を"見える化"する進め方」といったオフィスづくりの手法について解説しています。
これからオフィスを構築する方、また、現状のオフィスを見直そうとしている企業・組織の、トップ層から実務担当者の方まで幅広く役立つガイドブックとなっています。

書籍名

『いい会社はオフィスが違う』

著者

オフィスユースウェア・マネジメント研究会

装丁

四六判 224ページ

定価

本体1600円 +税

発行

- 本書の構成 -

■ 序章
■ 第一部 ユースウェア・マネジメントでオフィスを考える
   第一章 オフィスを作る目的
   第二章 オフィスづくりの歴史的変遷
   第三章 社会環境の変化から求められるオフィスづくリのキーワード
   第四章 オフィスユースウェア・マネジメントの概念・定義

■ 第二部 オフィスユースウェア・マネジメント実現の手法
   第一章 オフィスづくりのプロセスと管理
   第二章 オフィスのあり方を導く三つの要素
   第三章 要求をカタチに
   第四章 オフィスの使い方を見える化する

- 著者紹介 -

オフィスユースウェア・マネジメント研究会とは
オフィスユースウェア・マネジメント研究会は、株式会社エフエム・ソリューションの社員を中心としたこれからのオフィスを考える研究会です。

エフエム・ソリューションは、オフィス空間の調査・分析から、オフィスコンセプトの立案、実施設計、運用・管理のルールづくりをお手伝いする、オフィス総合コンサルタント企業です。

▲トップへ戻る